悔いのない観劇人生を!

たった一度きりの人生、だったらやっぱり

四月の現場の話。

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

 

前回の記事にもアクセスやスターありがとうございます!

令和最初の記事は四月の現場まとめです。平成の間に更新できなかったので…。

四月もいろんな現場に行けて楽しかったです!とくに作品が観たくてチケットを取った作品がいくつかあったので、それも新鮮でした。知っている役者さんはいても、所謂推しのような役者さんがいない作品も舞台全体をゆっくり見られていいなと思ったり。

 

※今回の記事では『スペクター』の感想があります。TRUMPシリーズの内容に触れている箇所がありますので、ネタバレは見たくないという方はシリーズ視聴後に読んでいただければ幸いです。※

 

 

ジャシステの話

 なんとなく初演の感想をフォロワーさんが呟かれているのを見たことありましたが、ほとんどの登場人物死んでしまったことに驚きました…しかも復活というかそういうのないのファンタジー要素めっちゃあるのにシビアだなってなりました。

今をときめく若手俳優たちがふわふわかわいい魔法少女衣装に身を包んで歌って踊って闘って…すごい世界観だなってなりました…。主題歌頭から離れなくなりますよね…マージマジマジカルジャシリカ………。

ゴワゴワとテルの密会(?)のシーンとか感情が追いつかなくて、台本読んでそこから感情とか考えて演技をする役者さんたちマジすげえって思いながら見てました。私は役者になれないなってなりました(?)

キャラだとヒデミンがめっちゃ好きだなってなりました!ヨゴレ役側……オカマバーのママにまで登りつめているバックボーンやら、ダークバイセコーの中でもまとめ役というか大人のポジションだなってところも、あとビジュアルが美しくて美魔女って三文字がピッタリだなと。

 まさかの魔法少女喫茶チャリンコの店員兼アイドルであるジャシたそとそのおたくたちの熱い絆の物語だと思わなかったので、ヲタ芸が出てきた時は驚きつつも、おたくの推しや好きなものへの無償の愛の大きさやパワーの強さに私もおたくなので少し感動したり考えさせられる場面もありました。好きな人のために無茶だってしちゃうよねおたく…でもそれは無理やりやらされてとかじゃなくて自分がやりたいからやっていることだし、欲しいものは推しの笑顔なんだよね…。普通の女子高生だって、何人もの人たちに生きる希望を与えられる。それってこの趣味してるとなんとなく当たり前に思っちゃうこと多いですが、誰かの感情を大きく動かすってなかなか出来ないことなのですごいよなあって。最近こういうおたくが出てくる作品観る機会が増えてきたので、その度にやっぱり自分はどうだろうって考えちゃいますね。

とりあえずLINEスタンプとアプリ配信をワクワク待っているところです!

 

スペクターの話

m.youtube.com

 いままで映像でしか見たことのなかったスペクター、今回ようやく劇場で観ることが出来ました。ちょうどスペクターと今月から始まるCOCOONの最速先行が同時に行われるということで、末満さんのチャンネル登録をして無事に三公演ともチケットを取ることが出来ました。COCOONも今から楽しみです!

まずスペクター観劇当日、五年ぶり?の下北沢があまりにも様変わりしたように思えて無事に道に迷いつつもなんとか本多劇場に辿り着きました…地図が永遠に読めないのでいい加減なんとかしたいです…。開演前にはフォロワーさんとお話しもさせていただけて!ありがとうございました!ワクワクと緊張感を持ちつつ着席して開演を待ちました。

観劇する数日前にはじめての繭期の配信でスペクターも見ていたので、大まかな流れや結末を改めて見ていたのですが、やっぱり劇場で観るのは違いますね…萬里の最期のシーンは見てて苦しくて恐くて目を逸らしたいのにどうしても釘付けになっていました…あの時のライネスを思い出しす度に胸がぎゅっと苦しくなって、萬里を見ていたノームの表情も思い出します…。そう!今回のノームは年相応(?)な感じのキャスティングになっていて驚きました、幼い…とまではいかないけどまだまだこれから成長していくであろうノーム。あの光景トラウマレベルじゃないのかなとハラハラしたり。並んだ時に感じた萬里と親子なんだろうなってあの感じがなんていうか好きでした。

個人的にクラなんとかはどっち?!のネタが好きなので、今回はなかったのちょっと残念だなと思ったり。

あとクラナッハが研究所にある花の名前を言うシーンで、あれ?と何度か思ったり。リリウムの『秘密の花が綻ぶ』の歌詞の順で花の名前が出てきますが、何度かあれ?足りなくない?と違和感が。でもセリフをミスすることもあるだろうからそれかななんて失礼なことを考えてしまいましたが、観劇後にツイッターで見かけた『クラナッハが名前を言わなかった名前の花を演じた子たちはハロプロを卒業している、だからわざとその花の名前は言わなかった』という感じのツイートを見て、末満さんはすごいなあ………となりました。そんな仕掛けまであるなんて…。

すでに物語の流れや結末が分かった状態だったので、落ち着いて全体を観ることが出来てよかったなと思いました。初めて配信で見た時は画面の前でただただ声を出せなくなっていたので…。

あっ!そういえばカーテンコールが四回あって、そのうちの一回だけ劇中死んだ人たちだけお面をつけて出てきて、それ見た瞬間のダメージがすごかったです…お面つけてる人がほとんどの中お面をつけていない、つまり生き残った人たちの表情は見えるので。表情が見えないのもお面のデザインが一人一人違うところも不気味な感じがしてザワザワとしました。

 スペクター観たらますますリリウムも観返したくなりました…。難しいこと考えたりするの苦手ですが、こうした伏線とか謎の詰まった作品好きなので。

もうすぐCOCOONも始まりますね!そちらはいままでのTRUMPシリーズとは違った感じになっているとのことなので楽しみです!

 

りさ子のガチ恋俳優沼の話

初演がすごく話題で気になっていたのと、小説版を読んでみてやっぱり一度劇場でこの物語を観たいなと思い今回の再演のチケットを取りました。小説版は主人公のりさ子、りさ子の推し翔太くんの共演者である若手俳優の秋山悠、翔太くんの彼女の篠戸るるの三視点で物語が進むのが面白いなと観劇前に数回読み返していました。観劇後に思ったのは、やっぱり小説版は舞台版で語りつくせない心情部分もたくさん入っていたため小説版→舞台版を見た私個人としては舞台版は少し説明が足りない部分に物足りなさを感じました。でも、やっぱり舞台は自分と同じ空間でリアルタイムに生身の人間同士のやりとりが繰り広げられているため、良い意味でりさ子やたまちゃんアリスたちのなんとも言えない気まずい空気感やツイッターの愚痴垢のシーンの負の感情が溢れている部分は見ていてすごく不快感というか…やっぱり文字だけでは伝わらない部分を感じられたのは舞台版ならではだなと思いました。あと単純に小説版では自分の中の想像の部分を舞台版で答えあわせのように「ここのセリフの言い方はこういう言い方なのか!」など発見出来たことも楽しかったです。

どこのシーンか忘れましたが、たしかりさ子が何か言っていたところで私は同じおたくとして恐いなとかなんともいえない上手く処理出来ないモヤモヤを感じていたのですが、わりと周りから笑い声があがったことがすごく印象的でした…関係者の方も多く来られていたようなのでおそらくその方たちの声だったと思いますが、なんというかおたくとそうじゃない人たちの感覚の違いみたいなものをそこで感じさせられたような…当たり前ですが、同じ作品を観ていても感じ方捉え方は人それぞれなので自分と違う反応があることはおかしくありませんがなんとなく私もりさ子側なんだなあと思ったりしました。

あと、観劇前にこの作品の感想を目にした時に、りさ子が翔太くんのバーイベで「はじめまして」と言われた事件について書かれている中であんなに見た目が違ったら翔太くんも分からないよ!!というのを見て一体どんな風にりさ子は着飾ったのかな?と思いながら観劇していたらはちゃめちゃにイメチェンしたりさ子が舞台上に現れたのではちゃめちゃ驚きました…えっこれは翔太くんでも分からなくない?!となりました。バーイベ前のりさ子って茶髪のボブ?ヘアーで、わりと常に俯きがちでいるからあんまり顔が見えないなと思っていたので、そりゃあんな金髪ベリーショートみたいになったら分からなくても仕方なくない?!となりました…服装もいつもと全然違うし…小説版読んでいても髪型まであんなに変えていたって書いてなかったよなと思ったり、まあ舞台で分かりやすくイメチェンしたことを表現するならああなるのかな…と思いましたがあまりにもいままでのりさ子と違いすぎるのでなにがあったのかりさ子に聞きたくなりました。

そういえば開演前の客席にりさ子、たまちゃん、アリスが入ってきて三人仲良く喋っていたりアリスがバタバタしながらトイレに抜けたりしていたの面白いなと思いました。たぶん小説未読で前情報なにも入れずに行っていたら私も「なんか騒がしいおたくいるけど誰のおたくなのかな…」と思っただろうなって思いました。

はじめまして事件後からりさ子がおかしく…というかいままで顔を見せずにいた黒くドロドロした重い重い翔太くんへの愛が暴走した結果、翔太くんの彼女るるちゃんを監禁して翔太くんと三人で会話するシーン。これはフィクションならではだなあと思いつつも、実際にこういうことが起こらないだけでりさ子と同じく重い感情を隠して生きているおたくはたくさんいるだろうし、それが行動に移されないだけなんじゃないかなって思います。だからきっとカノバレに纏わる匂わせとか永遠に若手俳優界隈から消えないだろうし、この物語とは関係ありませんがよく公式がおたくをバカにしてるとか大切にしてないみたいなあれこれだっておたくが黙ってお金を使うだけだからループが続くと思っているので、それこそ誰かが劇場前で切腹するとかそういう人命に関わるあたりまで問題が発展しないならいつまでも今のままなんじゃないかなみたいな………だいぶ話が飛びましたが、るるちゃんも最初は匂わせを楽しんでやっているところが大きかったし、愚痴垢たちに何か言われても匿名だから目に見えない相手だからって少し気にしつつもそこまでダメージ受けてなかったけど、週刊誌に撮られたりりさ子のストーカー行動が悪化していくとだんだんとヤバイって自覚しだしたの、それはやっぱり相手が実在する人間だって分かっていつでも自分たちのことをどうにか出来るからこその恐怖感かなと。りさ子の行き過ぎた行動はたしかに悪いけど、私からしたら匂わせしてたるるちゃんも元凶の一つなんだからあんまりにも被害者ヅラしてるのはなんか違くないか??となりました。劇中出てきた「知ってほしかっただけだよな」ってセリフ、これはりさ子が翔太くんに認知してほしかったとかいつも翔太くんのことを思っている私の気持ちを知ってという意味でもあるし、こんなにカッコよくて優しい彼氏がいる私は幸せ者なんだよ羨ましいでしょ?っていうるるちゃんにも当てはまるなと思いました。承認欲求とか自己顕示欲って厄介だなって、結局のところなにが怖いって生身の人間が一番怖いですよね。話飛び過ぎて着地点分からなくなったので終わりますが、自戒の意味も込めて楽しくおたくしたいなってなりました!楽しくおたくしたい…令和の目標…。

平成最後の観劇がこの作品で、おたくとして考えさせられたなってなりました。

 

サンリオ男子ファンミの話

一部参加しましたが、ずっと笑ってたらあっという間に終わってました…東西の借り物競走対決も漫才コーナーも生徒会コーナーもサンリオキャラとのコラボも全部全部キラキラしていて、サンリオ男子のみんなも楽しんでいるんだなって伝わってきました。生徒会コーナーで会長の名前連呼強要された時に思わず鉄ミュのあの人思い出しちゃいましたよね…どこの会長もみんなに尊敬されていてすごいなあと。

念願の虎男くんとクロミお嬢の並んでる姿も見られたし、まさかのお見送りもあったりで嬉しいことたくさんでした!

正直チャンネル開設の発表よりも、私含め舞台の続編や再演期待してた人が多かったと思うので反応はなんか「お、おお〜………」みたいな感じでしたが、毎月公式に動きが出来るのって良いですよね!初回放送も今から楽しみです!ここで毎月課金していけば、また舞台の上に立つ彼らが見られるかもしれないと思ったら即日入会しちゃいました。またキラキラした彼らに逢いたいので!お願いしますよ!の気持ちです!!

というわけで、このファンミ(+メモミュ)が平成最後の現場でした!すごくハッピーに平成を締め括れて良かったです!!終わりよければ全て良し!!

 

メモミュの話

 サンリオ男子のファンミに行った日に両チーム観てきました。

前回見た時から間が空いてしまったのですが、全体的にセリフの言い回しなどがだいぶ変わったのかな?と思ったり。それぞれのチームで全然違う印象のキャラもいたりと今回も新鮮に楽しめました。たとえばグリッサのソロのラストの「ただいま」も、呟くようにセリフのような感じで言うか歌詞の一部として歌うかでかなり印象の受け方が変わるなと改めて思ったり。たしかアレグロの方がミス目立っていたり、フォルテもマーチの喉がだいぶ潰れかけててセリフ言うの大変そうだなと、連休中なので公演数も多い分キャストさんへの負担が大きいんだろうなと心配になったり。

 そういえば先日テレビでサンリオピューロランドのV字回復の話についてやっていたのですが、ショーなども大人向けに変えてみる!というのがその中の一つであって驚きました。たしかに大人の方が刺さるもの多いなと…メモミュなんてまさにそうだよなって私は思っていて、同じネルケプランニングとのコラボミュージカルである前作『ちっちゃな英雄』と比べると正直ちっちゃい子たちには難しい話なんじゃないかなってメモミュを見るたびに思います。まず想い出の大切さとかって、きっとちっちゃい頃はあんまり考えないんじゃないかな?って。人生を重ねていくほどに想い出の大切さなど重みを増すんじゃないかなと思って、だから大人向けのものを作るという点ではすごく正解だと思います。でもテーマパークって私は子どもたちがメインターゲットって発想が頭から離れないので、置いてけぼりにならないかな?とか、子どもたちにとって怖いシーンが多い気がしてちゃんと楽しめてるかな?って思うことが多くて。100人が100人満足出来るものってたぶん存在しないし、それを作るのはものすごく大変なことって分かります。だからこそ、自分は求められている客層じゃないって考えもいろんな場面で出てくると思います。最近はメモミュ見るたびにものづくりって難しいなって考えちゃいます。

 

 

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!

 

令和になって数日経ちますが、令和最初の現場に行かれた方ももういらっしゃいますよね?私は連休明けに令和最初の現場が待っているのでワクワクしています!

今月も楽しみな現場が毎週あるのでその分日常パート頑張ろ…とパワーになってます!あと最近は『あなたの番です』も毎週の楽しみなので週末が楽しみで仕方ないです!毎週ドキドキしながら見てます…それこそ気味の悪さみたいな見てて苦しくなるような嫌な感じが一時間続くので毎週見終わってからの息苦しさがなくなる感じがすごいです…。考察されてる方の意見など見るのも楽しくて!伏線探したくて一話を何度も繰り返してたりします。過去の放送も配信があるそうなのでぜひ日曜の夜は日テレを!見てください!!

www.ntv.co.jp

 連休も残り少なくなりましたが、令和も楽しくおたくしていきましょう!!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

やまざきさんのお題箱

三月までの現場の話。

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

今日は今年のイースターの日ですね!ハッピーイースター!!

舞浜のイースターにはちょこちょこ行っていますが、ピューロイースターはまだ行けていないので早く行きたいです…!

 

前回の記事にもスターありがとうございます!

想っていることなど声に出していかないと伝わらないからと思いつつ、こうした全世界の人に見られる場所で何か発言するっていうのは、その分いろんな考えの人の目に触れることになるので、やっぱり自分と違う考えの人の目にも入ることになるわけで、だからこそ上手く伝えたいことや考えが100%伝わらないこともあるし相手にとっては不快になることもあるので、文字や言葉にするのって難しくてリスキーだなって改めて考えました。でも、前回も書きましたがそれを怖がっていたら何も伝えられないし、きっと後悔しちゃうと思うので、よく考えつつ自分の言葉で伝えていくようにしたいなとなりました。

 

というわけで、ようやく書けました一月から三月までの現場についてです。

舞台も朗読劇もイベントもいろんな場所に行けて、いろんな人たちを見る時間を過ごせて今年も良い観劇人生送れそうだなって幸先が良いです!

行かなければ良かったと思うことが一つもなくて、それってすごく幸せなことだよなあって思います。本当に良い御縁に恵まれているなって思うことが多いです。

 

 

★刀ミュ(みほとせ再演)★

 御縁があって観に行くことが出来ました、今年の観劇始めです。

初演も観に行ったことがあったので、懐かしい気持ちもあり、新鮮な気持ちもありであっという間に一部が終わっていました…やっぱり吾兵と大倶利伽羅の関係が好きだなって思いました。そして人間組のそれぞれの物語もみほとせは特に好きだなって思っています。

今回つい目で追っていたのは千子村正と青江でした。一つ一つの表情などが見ていて面白くて…初演を観ていた分、話の展開が分かっていたのでメインの会話の後ろにいる時にどうしているのかなども心待ちゆっくりと見ることが出来て、そういったところが新鮮で楽しめました。あとどうしてもフォロワーさんの推しさんなどは気になって見ちゃいますよね。フォロワーさんのお話を普段聞いているから、こういうところたしかに素敵だな〜と思えたりしました。

二部は新曲祭でビックリの連続でしたね…笑 わりと普段から刀ミュの曲はいろいろ聴いているので、予習バッチリだと思っていたら全然そんなことなくて焦りました…!

あと焦ったといえばライブの途中でペンライトが点かなくなってしまい焦りました…ちゃんと電池の確認とかしようって学びました…。

 

★最果てリストランテの話★

 まず道に迷いに迷いすぎて開演ギリギリに会場到着したことがいまだにトラウマレベルです……地図読めないおたくなので余裕もったはずなのにどうしてこんなことに…となりました。

再演とのことでしたが、私は今回が見るの初めてだったのでどういう作品なんだろう?とドキドキしていました。死んだ後に行くことの出来るレストランで、すでに亡くなっている人ただ一人だけと最期の食事が出来るという設定がある、オムニバス形式の作品でした。そして出演者が日替わりで四人なので、一人何役も演じられている方もいたので役の演じ分けも楽しめて面白かったです。そして、やっぱり死んだ後ということなので、その人の人生の話が出てくるしほとんどが泣けるような…感動もあれば後悔や懺悔などもあって。そんないろんな想いを抱えた人たちが、最期に誰に逢いたいか、そして何を食べるのか…一人一人思い出の味が当たり前ですが違っていて、逢いたかった人との最期の晩餐どれも印象的でした。

全体的にしっとりとした雰囲気でしたが、個人的には重すぎなくてほんのりあたたかさも感じられる作品だったなと思います。一公演しか見てないので、配役変わっていたり他の役者さんの回も見たかったな〜!ってすごく思いました!

しっとりとした作品からガラッと変わってアフタートークは笑いもたくさんあって明るかったのも印象的です!それぞれが最期に食べたいもののエピソードや、他に演じてみたい役の話など聞きたいなと思う質問がたくさんあってよかったなあって思いました。

 

★伊賀の花嫁3の話★

 前回の2の時にフォロワーさんたちが楽しいよ!面白いよ!とお話しされていて気になりつつも結局行かずに終わってしまったので、今回が初でした。前説もあるんだ?!って驚いたり、それこそあらすじでオムニバス形式と書いてあったので最果てリストランテのような感じを想像していったら想像とは違う感じでそこにも少し驚いたり。最初から最後まで楽しい!!がたくさんで、たくさんたくさん笑いました……!!ギリギリなネタが多かったり、一人一人のキャラが個性強すぎるし、脚本も面白いしでずっとハッピーな気持ちで帰り道もルンルン気分で帰れました。ちなみにこの時も三越どこにあるのかすっごく道に迷って泣きそうでした……道に迷ってる田舎者に親切に道教えてくれる人たちみんなに感謝しかないです……私も人に優しくなろうって思いました。

話が脱線しましたが、この作品何人もドルヲタが出てきてドルヲタあるあるというか、おたくに刺さるセリフがたくさん出てきたので改めておたくをすることをについてかんがえさせられました。「ありがとう以外の見返りは求めない!」とか、「これっぽっちも愛されなくていい!嘘!愛されたい…!!」とか…。好きの原動力の強さや、好きを通じて交友関係だったり世界の広がることの素晴らしさだったり。ドルヲタというか地下アイドル現場界隈のことよくわかりませんが、TOもそうじゃないおたくも仲良さそうというか…なんか若手俳優界隈と違うなあと思ったり。本当におたくに刺さるセリフたくさんあったのでDVD欲しいな!と思ったり、台本にマーカー引きたいな!って思ったりしました。そして前作も見たかった〜!!となりました…やっぱり後で見たかったなあって後悔しちゃうこと考えると気になるものは見に行ける時に行った方がいいなと思いました。五億欲しいな………。

そういえばヲタ芸見れたのめっちゃテンション上がりました!!今月の話ですが、ジャシステでもヲタ芸あったので今年はヲタ芸何度見られるかな?になりました。

あと!ミニモニ。世代なので、ガッツリとまでハマっていませんでしたが、やっぱり生でしかも近い距離で加護ちゃん見られたのすごくドキドキしました!!ステージの上でキラキラ踊ってる姿見てアイドルなんだなあ…ってなったり。なんていうか、テレビに出てる人たちって別の世界の人って感覚がまだ抜けないので加護ちゃんと同じ空間にいることが夢みたいでした。まさかこうして舞台を観ることになるなんて、昔の自分は一ミリも想像していなかったと思うので生きているといろんなことがあるなあってなりました。

 

テニミュ四天(凱旋)の話★

 増子くん見るの夢キャスぶりだな〜って話をしていてふと自分のブログ読み返しましたがなんと夢キャス行ったこと書き忘れている〜と一年越しに気がつくという失態に一人落ち込んでいたりしました…夢キャス楽しかったしアンサンブルの平井さんの存在感が群を抜いていたことがいまだインパクト大きい思い出です。

本当に今回の四天宝寺、何が良いってラブルスが最高にラブルスだなってところなのですが、毎公演笑わせてくるだけじゃなくて演技やダンスなどのパフォーマンスのクオリティも高いところが見ていてハッピーになれてすごく楽しめました!小春ちゃんが天才すぎて可愛くてユウジじゃなくても惚れてまうやろ〜!って感じでしたよね…チムパが楽しみすぎるので当落出るのが怖すぎています…絶対行きたい…。

あと『俺たちの合言葉』の演出が笑いに特化しすぎていて大丈夫?!ってハラハラしちゃいました、まず歌うことすらいろいろ学級会あったのに…いろいろありますが、やっぱりテニミュの歌詞って最高なものが多いのでこの曲も聴くたびに泣きそうになります。四代目は映像でしか見たことがないので、私が思い出すのは五年前の2ndの四天公演なのですが、五年前の公演やTDCコラボや雪の中バレンタインテニミュしたことなどなどいろんなこと思い出したりもしました 笑

そういえば2ndでは大楽でオサムちゃんありがとう!コーナーありましたが、今回全然そんなお別れムードじゃないな〜まあチムパあるからな〜と思ったら全国立海公演にもオサムちゃんの名前あったのを見て「そりゃあまだまだ一緒にいれるもんね!!」となりました。2ndは前後編分かれていなかったし、オサムちゃんも出てなかったのでどう活躍してくれるのかワクワクです!

先日チムパの当落出ましたがあまりの取れなさに呆然としています…こんなに取れないものなの???あと秋の大運動会のお知らせ出ましたね!五年ぶり!ど平日だけど早めにスケジュール出してくれてるからみんな横アリで会おうね?!という気持ちです…チケットまた赤組と白組で選べたりするんですかね?いろいろと続報が待ち遠しいです。

 

★2.5学園授業参観の話★

 いや〜もうめっちゃ笑いました………両部とも参加しましたがどっちもずっと笑ってました!本当に面白い四人を集めたな〜って改めて思ったり、面白いことしよう!じゃなく出てくるあれこれが面白いところが持ってるものあるなって感じます。

私が一番好きなのはラジオ体操のアクションを勘違いするナオヤくんと、イクミくんの考える舞台桃太郎のキャスティングです!

授業参観の様子はすでに配信されているのでぜひ見てください!

m.youtube.com

m.youtube.com

m.youtube.com

m.youtube.com

m.youtube.com

あと授業参観関係ないですが、先日中尾さんがツイートされていた早食い動画が面白かったのでそちらもぜひ…!

 本当に授業参観たくさん楽しませていただきました…またこうしたイベントやってほしいなってすごく思いますし、毎週土曜日18時に配信される動画もこれからも楽しみです!!

 

★ハイシュバレンタインの話★

 お披露目ぶりのハイシュパ現場でした。フォロワーさんのおかげですごく楽しい一日になりましたし、トークでは彼らの仲の良さを知れてライブではカッコイイところもお茶目なところも知ることが出来ました!キティちゃん、マイメロちゃん、プリンとのコラボもすっごくかわいくて…!!!サンリオキャラとの組み合わせって見ていて幸せになれるし自然と笑顔になってます、最高。

イベント前1stシングルの曲しか聴いてなかったのですが、イベントに行くにあたっていろいろ曲を聴いてみたら『Trick or Kiss?』がすごく好きだなあってなったのでイベントの時に生で聴けてすごく嬉しかったです!!パフォーマンスもすごく好きな感じで、舞浜のハロウィン*1が好きなのもあって、タイトルからハロウィンの曲だ!というだけでも最初ワクワクしましたが、聴いてみたら曲調すごく好きだったので絶対パフォーマンス見たいな〜と思っていました。なので本当に見られて良かったです!時期的にやらないのかな?とそわそわしてしまったので。

またライブなど行きたいな〜という気持ちになったので行ける時に遊びに行きたいです!!

 

★メモミュ(フォルテ・アレグロ)の話★

初代両チームぶりに観ました。なんていうか、チーム名が変わらないで一部のメンバーだけ変わるのでこういう時にどうやって書けば後で自分が見ても分かりやすいか悩みますね…。ハイシュパイベントの時に両チーム観ました。

印象的だったことが、佐藤さんのノクターンはすごく佐野ノクターンに喋り方が似ている?寄せている?なと思ったことと、冬だったのでノクターンのポンチョはいつ着るんだろう?と思っていたら突然途中で着るんですね?!ビックリしました。あとは、それぞれのチームのラルゴが全然違う印象だなと思ったことです…例えば川村ラルゴは演奏会の時にニコニコしながらルバートの方を見ていましたが、アレグロのラルゴは俯いて手を祈るようにしていて途中から顔を上げていたり…。川村ラルゴはすごく優しすぎるところが強いなと個人的に感じたので回想のシーンでの殴るところも優しさ故にあまり強そうに殴っているように見えなくて、儚い雰囲気のルバートと穏やかそうなラルゴの組み合わせはすごく合っていて良いなと思いつつ、私のイメージするラルゴはガラスのような繊細さや冷たさを持っているイメージなので自分の中のイメージと違うなあと思いつつ、別に嫌な違いではなくこういうラルゴもあるんだなという新鮮さが楽しめました。こういう楽しさが感じられるのがWキャスト制の醍醐味でもあって、何人もの俳優さんが同じ役を演じる面白さだなと思いました。そういえば、セレナーデが両チーム共表情が豊かめで明るい部分がたくさん見れるなと思いましたが、前はもっとセレナーデってクール度高かったですよね??それとも見ていない間に自分の中のイメージを作り上げすぎていたのか……となっています。

フィナーレのみ撮影解禁にもなりましたし、今はピューロイースター始まっているので、ぜひピューロに遊びに行かれた際はイースターもメモミュも楽しんでほしいです!

 

★文劇の話★

 原作好きな友人と行きましたが、友人も楽しんでいたのが嬉しかったし、原作知らない私もすごく楽しめて絶対再演とか続編やってほしい作品!!って思ってます!!本当に面白くてあっという間でした。キャストさんたち知ってる方たちばかりだったり、テニミュ2ndのおたくなのでやっぱり懐かしさやらも感じたり。どの方も安心して見られるなって演技される方たちなので、どのキャラも個性が強くて魅力たっぷりで楽しかったです!太宰さんが芥川先生〜!ってニコニコしてるの可愛かったなあ…とか。

観劇した日のカテコ挨拶が乱歩役の和合さんでしたが、和合さんの挨拶が面白すぎて*2あと今年で30いくつなんですよ〜の話のところで驚きの声が上がらなかったらセルフで話進めていくところとか…!最初から最後までお腹いっぱい!ってなりました。照明などの演出も綺麗で、キャラが多くても一人一人のキャラがしっかりしているからどのキャラも印象に残っているし、話の流れも分かりやすくて原作を知らなくても見やすい2.5舞台って俳優好きからすると安心するところあるのでそういう部分も含めて良い作品だったなと思います。

本当にまた文劇観たいです!友人の推しキャラの動く姿も見たいな〜と思っていたりもあるのでどうかお願いしますの気持ちが強いです…!!

 

★以心伝心公開収録の話★

 フォロワーさんにお誘いいただいて三部のみ参加しましたが、もうずっと笑ってました!!主に石田さんがすごすぎて…!!石田さん見たのってもしかして一年以上ぶり?とかになるのかな?って感じですが、さらにパワーアップして面白さカンストしてるなあって。あっち向いてホイだけであんなに人を笑わせられる事が出来る人って他に浮かばないです。

 ザムザ阿佐ヶ谷のあの距離感で公開収録ってすごくアットホーム感するな〜って思いました。物理的な距離感も心の距離感も近いの、なんだかあったかいなあって。

石田さんと本田さんの楽しそうな姿を見てすごく元気もらえて楽しかったので、また機会があれば参加したいなって思いました!

 

★エーステ(秋冬)の話★

噂のエーステようやく観に行けました!凱旋初日に行きましたが、それ以前を観ていないので、おそらく『Show Must Go On!』 のGOD座登場のところは周りの反応的に凱旋からなんだろうなと思ったり…演出すごい!となりつつも、近くにいた至くんの横顔の美しさを目に焼き付けないと…(?)と思いひたすらGOD座の方を見る至くんのこと見てました。

原作未プレイでキャラもミリしら…秋組のストーリーだけ観劇前に身内に最初の方だけ見せてもらったり、太一くんの話ちょっと聞いていたりはしましたがほぼ全く情報ない状態での観劇でしたが楽しかったです!秋も冬もそれぞれの葛藤や問題をみんなで乗り越えて公演を成功させよう!ってストーリーすごく分かりやすくて、キャラクターも見た目から個性的なのですぐに頭に入りました。

亀田さん脚本らしく、冬組公演に通う女おたくたち出てきたのめっちゃ笑ってしまいました…!!笑 しかもほぼ全通してそうなあの評論家っぽい感じとか…カラギャンする必要あるのか?!とツッコミたくなりました。「なんか泣けなかったんだよね」のシーンも、あ〜何回も同じ公演見てるとそういう感想出てくるよね〜分かる………となるからこそちょっと面白くなったり。

劇団員のお話なこともあって、胸が痛くなるシーンもあって。太一くんの「端役じゃなくてメインになりたい、一つでも多くセリフを言いたい」って部分はすごくすごく刺さりましたよね…とくに推しがアンサンブル経験者のおたくに刺さるものあるのでは?ってなりました。本人にしか分からない部分でも、やっぱりこういうこと思ってるのかなとか悔しかったり悲しい思いしてるのかなとか。

秋組に比べると冬組は問題の解決がとてもファンタジーで驚いたり。劇団七不思議って突然何?!となりました。でも秋組に比べると(春夏は全員を見ていないので)冬組って不思議な、普通という枠組みから飛び出してるような人が集まっている分そんなファンタジー要素が入ってもそんなに違和感はないなあと。原作でもこんな感じなのか気になったので終演後帰り道でアプリインストールしました!すっごくゆっくりやっているのでまだ夏組のストーリーも集めきれてませんが…。

あと観劇後しばらく劇中歌が頭から離れなくなって動画見て反芻していました。

m.youtube.com

 あと真心ルーぺの歌が好きです!曲調やダンスなどもコミカルな感じで楽しい!ってなったり、その前後の誉の心情がすごく印象的で…。悪気はないけど相手の気持ちが理解出来なくて傷つけてしまうことがこれまでにもあって、だからまた失敗してしまった…と落ち込むところに救いの真心ルーぺの登場。一度は真心ルーぺを使うも、最後には元の場所に戻して、いつかこのルーぺがなくても相手の気持ちが理解出来るといいなと思うところが心の優しい部分が見えたようで、今回の中で一番印象に残ったキャラクターが誉でした。

あと特に印象に残ってるのは三角ですかね〜無限人形の時に「昨日見つけたさんかくがなくなっちゃうんだよ!お前らのせいで!!」みたいに怒っていたところ可愛かったり、突然のアクロ出てきたり。春夏公演まだ見たことないので見てみたいなってなりました。一人一人個性的なのでどのキャラもすごく素敵でした!あとやっぱり個人的にはラブ米のキャストさん多かったので、ジェネリックラブ米だ…と何度も思いました。まさかアフロでパラパラ踊っていた滝口さんがあんなに渋くカッコイイコーチ役しているところ見られると思わず…。

 

★大正☆クインテットの話★

正直大丈夫か?!と思うことが初日の前から何度もあったり、いざ公演期間通っていても半分以上空席の現実になんとも言えない気持ちになりつつも、個人的にすごく楽しめた作品でした!!メインとか関係なく全部のキャラクターの個性が強い!!だから本当に目が足りない!と思うほどに見たいものがたくさんあって、その分複数回観劇出来たので見たいものを存分に堪能出来たと思ってます。推しキャラは利平さんです、知的キャラって感じの話し方や声とお顔の良さに毎公演キャッキャッしてましたが、日に日にヘビネタでの壊れっぷりにはなんか違うんだよな……という顔をしたり。 あと健心くんの演じる大和がすごくカッコよくて…!私が見てきた健心くんの演じた役って、ハンスやトヨハタモチっていう可愛い系だったので大和のあの大人な感じはすごく新鮮でした。あと月岡さん演じるキジリも、私が見てきた月岡さんの役が明るい役だったので不思議な雰囲気を持つキジリを見るのが新鮮で、役者さんっていろんな表情を見せられてすごいなあと改めて思いました。あとあと、赤星はなんだか亀田さん脚本のマーニィみたいな苦労系キャラみたいだな〜って思ってジェネリックマーニィって心の中で呼んでました。そしてWキャストで乱歩を演じられた石井さん菊池さんそれぞれの乱歩が素敵すぎて、そしてキャストさんが一人でも変わるだけで作品の雰囲気が変わるなということも改めて思いました。当たり前ですがお二人とも声も話し方も素敵だなあ…と。DVDどちらの乱歩さんも見られるの太っ腹じゃん………!となりました。

脚本家さんが役者さんたちに演じ方を自由に任せている部分が多い作品とお話があって、たしかに毎公演セリフの言い方を変えている方やアドリブも多くて、何度観ても新鮮に楽しめたのはこういう部分も大きいなと思いました。例えば2.5ってこのキャラはこういう感じ!みたいなイメージや演じ方がけっこう決められてる部分があると思っていて、自然とそういうものを求めていたところがあったので毎公演演じ方が変わっていたキャラに対して上手く言えないモヤモヤがありましたが、脚本家さんのお話を聞いてからは、逆にいろんなそのキャラを見られるのって貴重なことだなあって思いながら楽しめました。

個人的にこのタイミングでこの作品観られて良かったなあってすごく思っています。いろいろと公演期間楽しかったな〜!!って思い出も強くて!!久々に公演通ってみて改めて自分体力落ちたよなあ………と感じたり、やっぱり若さって偉大だなって思う今日この頃です。若いと本当になんでも出来ちゃうしやれちゃうなと感じること多いです最近。

 

★影山達也カレンダー発売記念イベントの話★

前回の記事の中でもお話しましたが、本当に行けて良かった!!と思っています!!

nt-y.hatenablog.com

イベント行くまでの間、ずっとCHaCK-UPの曲聴いてワクワク感高めていったのもあり、ドルステのお話がたくさん聞けたりイベント後にみなさんで行かれたご飯会のことも本当に全部が嬉しくて幸せな一日でした。

カレンダーイベントですが、当日会場内にカレンダーの写真が貼ってありどの月が一番好きか投票出来るコーナーがあり、ランキング結果はゲストさん含めてイベント内で発表されていました。その時のトークも何度も笑っちゃって…!餌づけシリーズやKIMERUさんのことを影山さんが将来介護する!というような介護トーク(?)など和気藹々とした雰囲気で楽しかったです!!!!改めてソロカレンダー発売おめでとうございます!!個人的にはご飯食べたりしているお写真が好きなので、誕生月のケーキショット好きです。

あと前回も書きましたが、フォロワーさんたちに久々にお会い出来て、お話させていただけたのすっごく楽しかったです!!!なかなか現場被らなかったり、被ってもお話し出来ないこと多いのですごく嬉しかったです。今後も現場でもそれ以外でもよろしくお願いします!

 

 

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!

 新年度が始まって怒涛の日々を過ごしていて心身共に満身創痍気味ですが、今月も毎週楽しみな現場があるおかげで日常パートも乗り越えられています!

あと、数ヶ月越しに知った嬉しいこともあって、単純なおたくなので最近は毎日しんどいな…と思ったらそれを見て幸福感チャージしてます。自分の言葉に対して返事貰えるのすごく嬉しいなって、幸せ噛み締めてます。有り難いなあって。

もうすぐ十連休が来るので、みなさんも残り数日の日常パート乗り切りましょう!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

やまざきさんのお題箱

*1:ミスマスやスプヴィルが好きなんです…!

*2:「平和の和に合格の合、真実はいつも一つと書いて和合真一です」って挨拶ズルすぎませんか?!覚えやすいし覚えちゃうし愉快すぎてエンターテイナーだなあって思っちゃいます。

最後の現場から一年経つ話。

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

 

前回の記事にもスターありがとうございます!

今日から新年度スタートですが、前回更新してから今日まで一度も更新していないことに我ながら筆不精すぎるなと思っています…二ヶ月ぶりくらいですかね?

今年の抱負で毎月更新したいな〜と言っていたのに有言不実行すぎて…。

四月の現場に行くまでには、三月までの現場まとめ記事書きたいなと下書きちまちま進めてはいます…。

 

というわけで、タイトルの通りに今回は最後の現場から一年経つよってお話です。

なんの現場かというと、ネルケさんのところのアイドルステージの現場です。*1

ちょうど一年前の今日、アニメイト池袋店でダブルワークのミニコンサートがありました。三部回しで、内容はバレンタインの頃に行われたライブの映像をダブルワークの二人やプライムーンを応援しているアムティアボーイズの三人と一緒に応援上映したり、その後はダブルワークとプライムーンによるミニコンサートでした!ドルステ恒例のアイドルソングカバーや両グループのコラボもありとても楽しかったです。あと、当日限定グッズでランダムブロマイドが出たりもしましたね…思い出しながら書いていて懐かしさがすごいです…。

まあチケット販売はいろいろありましたが…私もあまりにもどうなのかと思いブログにいろいろ書いてしまいましたが、今となるとそこも含めて思い出ですね…。

ニコンサートの最終部でもとくに今後のお知らせはなく、そこからしばらく公式の動きもなかなかなくなってきて*2、アイドルのお友達たち*3も各々がたくさんお仕事をされていて、そのスケジュールを見てはドルステ民たちは「◯月なら本公演出来るのでは?!」や「ライブなら出来そう!」など話してきましたね。特に昨年一月にお披露目されたプライムーンは、アイドルステージ第五弾としてこれからメインとなるアイドルなんじゃないか?と思ってたティアラ*4が多いと思います。そしてお友達のスケジュールを見たり、プライムーンが憧れている三日月の本公演が八月にあったこともあって、昨年の八月に本公演ありそう!とみんなワクワクドキドキ期待していました。でもそんな期待を裏切られて発表された某ミュージカル…ミュージカルに新登場するキャラの一人もアンサンブルの二人もなんかお名前見たことあるよね〜〜〜………となりましたね…いや、正直な話本当は本公演やるつもりだったんじゃない?って思わずにいられないなって?!というわけで、スケジュール的にワンチャン!と思ったらノーチャンになり、その後も各々スケジュール的に集まれなさそうだなと思っていたらあっという間に最後の現場から一年経ってしまいます。一年って早いんだな…。

現場がない間も、お友達同士が集まってご飯したよ!報告が何度かあったり、ツイッター上でもリプライのやりとりがあるとおたくはなんだか嬉しくなったり…。私はアイドルステージに関わっている人たちのことを、ほとんどアイドルステージをきっかけに知って好きになったので、やっぱりアイドルを応援しているみんなでの集まりが特別に感じて嬉しくなるんです。見ていてホーム感というか、落ち着くんですよね。

 

先日CHaCK-UPを応援している影山さんのカレンダーイベントがありまして、なんとゲストにKIMERUさんが!ということで、アイドルたちのお話してくれるんじゃないかな?!とドキドキしながら行ってきました。ゲストコーナーが始まってから、本当にたくさん懐かしいお話をお二人がしてくださって、それが嬉しくて幸せで仕方なかったです。司会の方も事前に曲など調べてきてくださったり、アイドルステージ独特の世界観を壊すような発言一切なく懐かしい思い出話をするお二人のことを見ていてくださったり。影山さんが、「(CHaCK-UPに出逢って)今年の春で五年?とかそのぐらい経ちますよね」というようなことを言っていて、普段からドルステのことよく懐古している私ですが、やっぱり改めて応援してきた人から時間の話が出るとこの五年間いろんなことがあったよなと考えちゃいました。数的な意味で現場によく行くようになったのがちょうどCHaCK-UPがメインで活動するようになった頃からなので、大袈裟に言うと生活の中心にCHaCK-UPがいたな〜って。最初の頃はほぼ毎月現場あったので、フォロワーさんとも「また来月!」みたいな感じで別れまたすぐに現場で会うみたいな感じでした。いろんな人に出逢って、いろんな場所に行って、やっぱりドルステを好きになってから良くも悪くも自分自身変わった部分が多いです。そういうこともあって、ドルステって特別な存在です。なんか自分語りが長くなってしまいましたが、カレンダーイベントの最後でゲストの方から告知があればという流れになりKIMERUさんがお仕事の告知をされた後に、「今日この後ドルフェスのみんなでご飯行くんだよ〜」と仰られてすごくすごすビックリしました!!その時点で参加するのはKIMERUさん、影山さん、三日月の応援をされている畠山さんというのは分かりましたが、他に誰が参加するんだろう……とドキドキしながら帰宅し、いつツイートが来るかなとツイッターから目が離せませんでした。そしてツイートされたお写真を見て、嬉しくてたまらなくなって多幸感!!ってなってなかなかその日は眠れませんでした 笑 続々とツイートやインスタの更新通知が届くので、本当に心臓ドキドキしてひと段落ついた時すごく疲れが出てきました…笑 

 川上さんまでいてすごくビックリしました!来てくれるのすごくありがたいな…嬉しいな…って思っていたら、たぶん分かる人にしか分からないクスッと出来るお写真まで撮っていてくれていたり。

 あと一舞さんのこの後のカラギャン発言にすごく笑いました…若手俳優からカラギャンという単語を聞くとは…という感情で…。

 アイドルステージの好きなところの一つが、お友達たちが全力でアイドルの応援をしてくれるところです。私達おたくと同じ目線だったり、私達よりも楽しみまくって時には暴走したり。笑

そして、影山さんのツイートのハッシュタグを見て、思いの丈をツイートされているドルステ民がたくさん出てきたのも見ていてなんだか嬉しくて。こんなにドルステを好きな人たちがいて、みんなアイドルに逢える日を待っているんだなって。

 ちなみに、この声に出すことの大切さについてはカレンダーイベントの中でKIMERUさんが何度も客席の方に「(アイドルたちに)会いたいよね?」と聞いてくださったり、こういうことは声に出していかないとねってお話してくださって。

想って、願っているだけだと叶わないことも、声に出したり行動に移してみるともしかしたら叶うかもしれないって、希望の光というか。あと、アイドルたちに逢いたいっていう気持ちをこれからも声に出して良いんだ!となんだか救われた気持ちになりました。十人十色いろんな考え方の人がいるので、やっぱり自分とは違う考え方やどうなのかな?と思う発言をしている方もいます。私の言動も、なんだこいつって思う方いると思います。好きなものの話をすることが大好きです、それに現在進行形で現場がない分どうしても過去の現場の話をすることが多くなります。それを見て「やまざきさんのツイート見てるとドルステ見たくなる」と言ってくださるフォロワーさんや、私のブログなどきっかけで新しくドルステを好きになってくださる方がいるのすごく嬉しいです!でも、昔の話をしていることをあまり良く思わない方もいると思います。あとは私が好きなものが嫌いな人は、私がたくさん好きなものの話をするとそれだけ嫌いが増えてしまうからというのもあると思います。だから公開アカウントやこうしたブログでの発言は、好きにしたいと思いつつもやっぱり怖い部分もあります。でも、怖がって発言しないと文字という形に残らない。少しでも私はアイドルたちから貰ったキラキラしたものや、たくさんの出逢いや思い出を残していきたいなと思っています。そして、一人でもたくさんの人にこんなに素敵なアイドルがいるんだよ!って知ってもらいたいし、こんなことがあったっていうのも残して、後から興味を持った人にこんなことがあったっていうのも知ってもらえたらなって気持ちで公開アカウントであれこれ発言しています。やっぱり目に見えないと気持ちは伝わらないと思うので、少しでも伝わってくれていたらいいな、そこからまたアイドルたちに逢えるきっかけが生まれたらいいなと思っています。こうした気持ちを発言しやすいようにお話ししてくださったり、ハッシュタグを作ってくださったりと、KIMERUさん影山さんには感謝の気持ちでいっぱいです!そして、楽しかった時間のお裾分けをしてくれたアイドルが好きなお友達のみんなにも感謝しかないです。本当にみんながアイドルのお友達でいてくれて良かったなって。

不安に思うことも正直たくさんあって、たくさん悩んだり病んだりといつも周りに心配かけちゃっていますが、カレンダーイベントを通して自信を持ってこれからも好きを叫び続けてもいいんだ!と思ったり、こんなに素敵な人たちがアイドルのことを好きでいてくれるんだから心配なんてしなくても待っていられるなと思えました。

なんか上手くまとめられないですが、本当に本当にこのタイミングでカレンダーイベント行けて良かったです!!そして会場でフォロワーさんたちともお話出来たこともすごく楽しかったしで!ハッピー貰いまくりでした!ありがとうございました!!!

 

 

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!

新年度が始まり、環境変わったりとみなさんいろいろ大変なことも多いと思いますが、そんな時はアイドルステージの曲を聴いたりDVD見たりしてキラキラ浴びてパワーチャージしましょう!笑 今日はダイマさせてください!

Apple Musicでアイドルステージの曲配信されています!amazonでは曲も円盤も購入出来ます!

ぜひアイドルたちのこと好きになってください、そしてもしハマったら私ともアイドルのお話してください!いつでもアイドルのお話したいので!!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

やまざきさんのお題箱

*1:以前から噂は聞いていましたが、どうやら『ドルステ』の略称を使っている全然別の舞台?アイドル?があるらしくて、たまにツイッターでドルステの話をするとその別のドルステに関わっている方たちからいいねが飛んできます。や、ややこし〜!!というのが本音です…。

*2:モバイルサイトと俳優メールサービスは昨年の九月末までありましたが、正直更新率も低く…という感じでした。

*3:アイドルステージではアイドルを演じている役者はいなく、アイドルのお友達や応援しているファンという存在。

*4:プライムーンファンの呼称。某所と被ってるけどこっちの方が先に決まっていたので…といつも心の中で思ってしまう…。

今年の抱負の話。

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

 

前回の記事にもスターありがとうございます!

 2019年も自分のペースでのんびり更新していこうと思っているので、ふらっと覗いていただけると嬉しいです。今年もよろしくお願いします。

 

というわけで、新年一発目の記事です!もう一月終わりかけてるけど!いまだに現場始め出来てないのですが、ここ最近は春頃の公演のチケ取りが始まったり、情報解禁が続いているので気分はすっかり春です、早い。先月が現場!現場!現場!!だったので、今月はのんびり過ごしていたはずなのに、一月が終わりかけている現実が怖すぎます…あっという間に今年の振り返りブログ書いてそう…。

だいぶ新年感もなくなっている今日この頃ですが、はてブロのグループ見ているとみなさん今年の抱負など書かれていたので、私もやろ〜って思いました、なので書きます!

 

 

自分のペースでおたくをする

みなさん書かれていたことですが、やっぱりこれは大切だなと思うので…自分の心身の健康上の理由で。はてブロやツイッターなどSNSが身近な分、どうしても周りの人たちも見えてきてしまって自分らしくない無茶して心身ともに健康じゃなくなってしまうのって、趣味としてどうなのだろうと常々思うので、やっぱり好きなものを好きなだけ楽しもうって初心を忘れないように過ごしたいです。たまに見えなくなりがちなので気をつけたい。時間もお金も有限なので、使って後悔しないような選択をしていきたいです、悔いのない人生を。

 

楽しいお手紙を書きたい

読んでいて楽しいなと少しでも思ってもらえるようなお手紙を書けるようにしていきたいです。言葉選びや使い方が下手なので、今年はもっといろんな表現を身につけたいです。あと読みやすい字が書けるように気をつけたり、封筒をいろいろデコレーションというか見ても楽しめるようにしたりもしたいなあと。あとはどうしても考えをまとめるのが苦手なので、つい枚数が多くなりがちなのでなるべく枚数多くならないようにまとめられるようにもしていきたいです。

 

いろんな現場に行きたい

若手俳優界隈はもちろんですが、今年は地下ドル現場や芸人さんのライブなども行ってみたいです!やっぱり生で見るっていうことが好きなので、自分の目で直接見に行きたいな〜と。地下ドル現場はフォロワーさんたちが楽しい!とお話しされてるのを見ているのでかなり気になる現場ランキング上位です。

あとはいつも観に行かないような舞台に行ってみたり、フォロワーさんの推しさんたちの現場にも行きたいです!オススメの作品などあれば教えてください!

 

スケジュール管理をしっかりする

いろんな現場に行ったり、フォロワーさんと現場がなくてもお会いしてご飯するの大好きなのですが、スケジュール管理が2018年は下手くそすぎたな…と自分でも痛感しているので、今年はちゃんと手帳使ってスケジュール管理をしていきたいです!何度か友人と観劇の予定がブッキングしたり、舞台行こうと思ったら別の舞台と被っていて行けないじゃん!などが多く…やりたいことやったもん勝ちなので、いろんなことが出来るように頑張ります…ガンバレボク…。

 

毎月はてブロ更新

 最低でも月一で更新したい…あと好きな作品などの布教というか、そういう自分が良いなと思ったものをたくさんの人に知ってもらいたくてはてブロ始めたので、改めて自分の好きを前面に出していきたいです。

 

 

思いつくことをつらつら書きました、きっと後から他にも思い浮かぶと思いますが、今回書いたことは実行していけるようにしていきたいです…!目指せ!有言実行!

やりたいことリストも作ろう!と思いつつ、まだ半分も書けていないのでこっちも早く書き上げたいです…やりたいことってたくさんあると思いつつも、いざ書いてみるとそんなにない…??ってなってビックリしてます。とりあえず、今年はいろんなことに挑戦していけたらいいなあと。やらずに後悔するよりもやって後悔したいです。

 

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!

最近自分の周りでインフルエンザが流行りに流行っているので、現場に行くんだ負けてらんねえ!!の気合いで日々過ごしています…!予防接種していてもかかる時はかかるという不安で、毎日ハラハラしながら外出しています。みなさんも体調崩されないようお気をつけくださいませ!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

やまざきさんのお題箱

下半期の現場の話と2018年の総括。

 

はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

 

前回の記事へもスターやアクセスありがとうございました!

 引用スターの引用部分見て、ふふふと思わず笑いが溢れちゃいました。引用スターもですが、スターも、そしてみなさんの貴重なお時間使っていただいて私のブログ読んでくださりいつも本当にありがとうございます!自己満足でやってることですが、やっぱり反応いただけるとまた書きたいなあという気持ちに繋がりますね。

 

 さて、今回は下半期の現場まとめです。ここ数日ははてブロのグループ新着でもみなさん今年のまとめや振り返りをされているので、もうそんな季節か…となっています。今月はとくに現場が多かったので、ギリギリになりますが今日やっとゆっくりと記事が書けます…。現場行くのも楽しいですが、根が引きこもりなので家でゴロゴロする方が好きだつたりします。そんな引きこもり気味な人間に定期的に外に出る機会を与えてくれるので、この趣味始めて良かったなと思います…いろんな人に出逢うことも出来ましたし。

最後に今年一年を振り返ってみてのことも書けたらいいなと思います。

 ちなみに上半期まとめはこちらです↓

nt-y.hatenablog.com

 

下半期の現場まとめですが、詳しい感想等はそれぞれの月ごとのまとめ記事に書いてあるので、よければ読んでいただけると嬉しいです。

★七月★

 『ミュージカルテニスの王子様 全国大会 青学vs氷帝』(東京公演)

『松田将希 Birthday Event 2018』

『舞台 ひらがな男子』

『ボクラ◯◯TV公開収録』

nt-y.hatenablog.com

 

★八月★

 『忍ノSAGA』

『C.I.A.presents「MISSION IN SUMMER」』

『MEMORY BOYS~想い出を売る店~」(アレグロ)』

『ミュージカル マリーゴールド

nt-y.hatenablog.com

 

★九月★

『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒のBloodyLabyrinth―』

『星屑バンプ

『Over Smile』

『Grab"A"ファーストライブ「掴めないものはない!!!」』

 『ミュージカルテニスの王子様 全国大会青学vs氷帝』(凱旋公演)

家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE』

nt-y.hatenablog.com

 

★十月★

 『bambooファンツアー2018』

『ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Party SEIGAKU』

『僕のカタチと、僕のアイダ』

『朗読劇「あっくんとカノジョ」~松尾真砂の日常~』

nt-y.hatenablog.com

 

★十一月★

『第2回 郁巳と仁愛のファン感謝イベント  しゃべり部!~ 入部しちゃっていいよ! ~ 』

『bamboo2019年カレンダー発売記念イベント』

定本楓馬 First Birthday Event 』

 『ミュージカル『テニスの王子様』15周年記念 テニミュ文化祭』

nt-y.hatenablog.com

 十一月まではこんな感じでした!

舞台もイベントもいろいろと行けたり、人生初のファンツアーに参加も出来たりたくさんの思い出を作ることが出来ました。

というわけで(?)次から今月の思い出書いていきます!

 

★十二月★

サンリオ男子の話★

www.youtube.com

好きなものを好きでいること、好きなものへのキラキラした気持ちが会場中に溢れていたり、小道具や衣装等から擬似ピューロランド!!をビシビシ感じてきました!ピューロが好きな人、絶対に楽しい!になれると思います。私はものすごく楽しかったです!!オープニングでポムポムぷりんくん出てきた時に泣きかけて、ラストの方でキティちゃん出てきた時には泣きました…配信見ていてもマイメロちゃん出てきてボロボロ泣いてました…なんだか分からないですが、サンリオキャラもディズニーキャラも見るだけで涙出てきちゃうんですよね…可愛くてキラキラしてるから眩しいのかな…。

ストーリーはというと、短編集みたいな感じで関東と関西のサンリオ男子たち(時々サンリオおじさん)の日常が描かれていて、会話のテンポ感などが亀田さんだな〜って感じてずっとニコニコ楽しめました!

 女子ーズちゃんたち出てきた時に、あー!これは懐かしい……となったドルステのおたくは五億人いるはずです、少し盛りました。

そして関西サンリオ男子!!面白すぎませんか?!一人一人のキャラが濃すぎる…!!夢ノ介くんも挙動がかなりおかしくて、定本さん絶対こういう作品好きだよね?!生き生きしてるって思いました。北乃さんも関西弁指導されたり、ツッコミの量の多さからさすがだな〜!と感じたり。そして個人的にダークホースだったのがKIRKMIちゃん推しのゆずくんです、彼なんであんなにサイコパスに振り切れてるんですか???面白さと狂気さのハーモニーが強すぎてたくさん笑わせてもらいました…!!あんなにイラストではおっとり系でおとなしそうな見た目してるのに…そういうキャラってだいたい舞台化すると面白さダントツだったりしますよね?*1

 あと神対応の雨ケ谷先輩すごくなかったですか?!あんな神対応されたらピューロ通いやめられないなあって思いました…自分がされたら嬉しいことをするって考え方は、接客に限らずともそうだよなと思うことなので勉強になりました。

フィナーレのレビューショーみたいな曲の時のサンリオ男子たちの衣装がすごく拘ってあってビックリした話させてください!衣装さんのツイートをたまたま拝見したら、一人一人の推しキャラのマスコットがついているだけでなく、イメージカラーが被っている子たち*2は色味が違うようにしてあるってところにも愛を感じました…

あと!本当にピューロで使われているキャストさんやダンサーさんの衣装が使われていることもすごく嬉しくて!本当に銀劇にいながらピューロを楽しめている感覚になりました。次回公演がある時は、ねずみ男子やメモリーボーイズも出てくれたら面白そうだなあなんて考えたり。

またあのキラキラが詰まったサンリオ男子たちの世界に遊びに行きたくなりました!

観劇してからあまりにも気になりすぎて、便利な電子書籍でコミック版も読みましたが日常編と恋愛編あるの知らなくて最初かなり驚きました…!

 

★グラバの話★

タイトルに「ちょっと不思議なクリスマスの贈り物」とあるように、ファーストライブの時とは違ったファンタジー色のあるお話になっていて、私は今回の方が好きだなあと思いました。キャラ衣装の資料が欲しい!キャラ衣装でチェキ撮りたかった!!って見終わってから何度も言ってました。今回もシュールさ有り笑い有り涙有りなストーリーと、クリスマスなのでサンタ衣装でのライブ楽しかったです!チェキもサンタ衣装でクリスマスだ!!って気持ちになりました。

サンタクロースは世界一のエンターテイナーみたいなセリフあったのですが、たしかに子どもから大人まで世界中の人を笑顔に出来るサンタクロースってエンターテイナーとして最強じゃん?!になりました。あと、お客様の前ではエンターテイナーとしての自分を見せないといけないみたいな感じのことも出てきた…はず…すでに記憶曖昧なのですが、そういったエンターテイナーとは?みたいなことも今回取り上げられていたのがすごく興味深かったです。

鈴木さんが「またここでお会いしましょう!」と挨拶されていたのですが、ご一緒したフォロワーさんと「そろそろ角座の椅子は固い…」って会話したの何度思い出しても笑えてます。そろそろもう少し大きめの会場にしてほしい。

 

★僕らの未来の話★

 井阪さんと高橋さんのアフタートーク回に行ったのですが、高橋さんのトークが面白さ強すぎてこの人のイベントいつか行きたいな…という気持ちになりました。テニス出身者ばかりの中で自分が呼ばれたのはきっと偉い人たちが青学(あおがく)をせいがくに読み間違えたからですね!って上手いな?!になりました。ひらがな男子の時の動画でもこの人面白いなと思いましたが、かなり面白い人なんだな…と。偽乳をつけている役などの印象が強く…(?)

さて、肝心の作品の感想ですが、やはりベテラン陣の安心安定の演技は見ていてリラックス出来ました。アドリブも安心して見られる…ストレスフリーだ…ってなりました。そんなベテラン陣の中でも演技も歌もとても良かった吉高さんが見られて本当に良かったなと思っています。良い環境でお芝居が出来ることも、自分の特技を活かして舞台に立てていることも本当にすごくて羨ましいなって思ってしまいました。すごいなあ。

自分の立っている場所によって、考え方も見え方も違ってくるので、自分の持っていないものを持っている人を眩しく羨ましく思ってしまうよなと改めて思いました。だから、自分のやりたいことを仕事に出来ていて、一人自由に世界中を飛び回っている樹のことを安藤も倉田も羨ましくてしかたなかったんだろうなと。しかも楽しそうにしてるんですもん、二人とは違って。そしてその姿って、レオン君にとっても眩しく映ったんだろうなと。最初はなんなんだと思っていた樹のことを慕うレオン君を見ていて、自分の人生を変える存在って誰になるかいつ出会うか分からないから人生って面白いなと思いました。自分と違ういろんな人と関わることって、自分の成長に繋がるんだなとなりました。そして、生きている中でお別れも突然にやってくることも、それを乗り越えられるはやさも人それぞれで、大変だよねって思いました。変わらないことって何もなくって、あのシーンは見ていてせつなくなりましたが、不思議としんみりしすぎることもなく、未来をやさしい光で明るく照らしてくれるような終わり方だったなと。この作品を今観ることが出来て、本当に良かったなと思いました。そして、私の大好きな人たちにも、何年後か一つの作品を一緒に作ってほしいなと思いました。そしてそれを観ることが出来たらどれだけ幸せだろうなと。

 

★ONE!の話★

今回もおじさまたちも若手組も一人一人がハイクオリティのパフォーマンスされていたので、はわ〜………とひたすらすごさに圧倒されていました…『人生劇場』って曲が一番印象に残りました!歌詞を改めて読んでみても、この曲をあのメンバーが歌うのってすごいなってなりました。あとお話的にもクリスマスソングが聴けたことも嬉しかったです!

今回のストーリーで、一人の少女の夢を叶えようと奮闘するテレビ局員たちの姿に何度もすごいなあってなりました…すごいなしか言えてないですが、例えばお手紙の話もきっとこのセリフのようなことを考えてくれているのかな?とか、世代を超えて人を魅了するエンターテイナーの姿とか、なんだか一つ一つのことがうんうんと頷けるというか。この作品も、今観ることが出来て良かったなと思える作品でした。本当に観に行くことが出来てご縁に感謝ですし、いつまでも長くコンボイショーが愛されている理由をまた感じることが出来ました。また来年もコンボイショー見に行きたいなあと思うので、来年の楽しみがすでに出来ました!

相変わらず本田さんのダンスは表情までも綺麗でつい目で追ってしまいますし、加藤さんの歌声はとても素敵でいつまでも聴いていたいなと思いました。

少し早めの、素敵すぎるクリスマスプレゼントを貰えました!

 

★らぶフェスの話★

初めて参加出来ましたお祭に…!私は幕張公演に参加しましたが、注釈付き席だったのでメインステージは遥か彼方…ほぼモニターを見ていましたが、通路が近かったので内番衣装客降りメドレーの時はいろんなところにファンサを飛ばしまくる物吉くんを見られたりとなんだかんだ楽しかったです!モニターの映像も、ちゃんとセリフやソロパートを歌う子を抜いていたのでストレスフリーに楽しめました!

むすはじの曲が好きなもの多いので、人間キャスト曲含めまた生で見られたことが嬉しかったり、初めて源氏兄弟の曲生で見られたことも巴里の新曲の投げチューしまくりなキュートソング見られたこともとにかく楽しくて嬉しくて!楽しいと座席とか関係なく楽しめるんだなあ…と観劇始めた頃の記憶が蘇ってきました…あとは単純に推しがいない現場は気がラクだなあということも。

お祭あまりにも楽しかったので、またチケットが取れれば公演もお祭も参加したいな〜という気持ちが強くなりました!秋の新作も双騎も行きたいなあという気持ちなので、チケット取れたらいいなあと毎日お願いしながら生きていこうと思います…強く願う気持ちは大切とねほぱほの宝くじ高額当選者回で学んだので…。

 

テニミュ(四天)の話★

凱旋含めなんとか行きたい公演のチケット全部揃えられてホッとしてます…。初日はキャンセル待ちだったのですが、数人ずつの案内だったのでドキドキハラハラしながら案内されるのを待っていました…入れた時は安心感で泣きそうになりました。立海のチムパぶりの青年館でしたが、一階後方でも舞台との距離が近いぞ?!と驚きました。演出や新曲に何度も驚かされたり、小春ちゃんが面白くて可愛くてクオリティがすごい!と驚いたり、入った回全部楽しかったです!クリスマスやお誕生日公演もあって、なんとなく会場の雰囲気もいつもよりワクワクキラキラしていたように感じました。あとウエルカムボードや新年号考案色紙なんかも面白くて楽しみでした!タピくんいたのもじわじわときました…次回開催しゃべり部あたりでタピくんグッズ出してほしいです。

東京楽から数日経っていますが、ふとした時に頭に流れてくるのが四天公演の曲たちなのでかなり中毒性高いです…早く凱旋観たいな〜が口癖になりつつあります。

まだまだ大阪公演も始まったばかりなので、あんまり深く触れるのもなあと思ったら全然感想書けていないな…となりましたが、凱旋が終わってからいろいろ感想書きたいと思います。

 

あんステの話★

2018年の観劇納めでした、終わり良ければ全て良し!という言葉に相応しいくらいにとってもとっても最高に楽しかったです!!お師さんが、みかちゃんが、生きてる…!!って最初から最後まで感動し続けて、ひたすら泣いてました。お師さん声帯が高橋広樹の声帯すぎて……みかちゃんは関西弁がすごく可愛くて、でもライブのパフォーマンスになるとすっごくカッコよくて!!

m.youtube.com

私はあんステ初演からあんスタ始めたので、マリオネットはストーリー解放キーを使ってだいぶ最近になってから読んだのですがいろいろと辛いなとなる部分が多くて…でもすごく惹かれて、なのでイベントでもValkyrie関連のストーリーはこの二人についてもっと知りたい!という気持ちが強くてすぐ読んできました。そして『魅惑劇』を初めて聴いた時に、これあんステで絶対見たい!!どんなパフォーマンスになるのか気になる!!とその時から早くあんステにValkyrie出ないかなあと待っていました。そして、念願叶ってようやくあんステのValkyrieに出逢えて、魅惑劇も見ることが出来ました。時間とお金があったらチケット増やしてた!!と終演後にリピーターチケットの列眺めながら帰ってきましたが、本当にValkyrieはもちろんのこと、初めて見るRa*bitsも紅月もfineも良くて、たくさんたくさんキラキラが詰まったあのあんステの世界を久々に体験して、たくさん幸せになれました!いろいろとありましたが、絶対にたくさんの人に見てほしい!って気持ちになりました。

ただあんステのウィッグと衣装永遠にコスプレクオリティーなのどうにかならないのかなあ……とずっと考えちゃっていました。

それにしても相変わらずチケットが取れなさすぎて悲しいなとなったので、年明けたらまた神社に足を運ぼうかなと思います…。

 

★ちょーLIVEの話★

やっとメンバーカラー出た!でも人数多いが故の色被りを考慮して、二本持ちの時の色まで出たのはちょっとビックリしました。個人的に花塚さんの「今まで演じてきた役が青に関係することが多いから青」というお話に嬉しくなったり、井阪さんの「二色なら青とピンク」というチョイスにアイドルたちを思い出して嬉しくなったりしていました。

あと、夏のイベントでお披露目された『お揃いの1日』が24日から音楽配信サイトで配信スタートしたのでぜひ聴いてください!歌詞がすごく良くって、この歌詞みたいに推しと推し事出来ていけたらすごく素敵だろうなあってひたすらに眩しい歌詞です。

cia.cubeinc.co.jp

さてさて、肝心のライブですが、今回は地球消滅を阻止するためにさまざまなミッションに挑戦していくというストーリー(?)だったので、歌ありダンスありマジックあり笑いあり………と本当にいろんなことがありすぎてあっという間でした!地球も消滅しなくて良かった!!永田さんの歌声があまりにも綺麗で、お顔も綺麗だしすごいなあ…とずっと見入っちゃいました…でもトークとかになると一気に面白くなるので、きっといろんな表情を見せてくれるところがファンの方たちは好きなんだろうなって思いました。あとジャスティンさんのハーフマンは、そういう方向性なの?!ってビックリしちゃいました…ハイステとC.I.A関係でしか見たことないのですがお顔整ってるのにぶっ飛んだことしていて面白いな…になりました。

あと今回メインステージの他にサブステージもありましたが、メインステージよりもかなり高さなないサブステージは離れているとほぼほぼなにも見えなくて見えづらいな〜となったことが心残りというか残念だったなってポイントですかね…。

なにやら新年のイベントで新たなミッションが発表されそうなので、続報待ちたいなと思います!なんだかんだでC.I.Aの発足イベントから一年経ち、一年間で何度もイベントあったのって幸せなことだなあとなりました。キャパやキャスト的にチケットが取れなくてしんどいなあって時もありましたが、始まってしまえば楽しいことばかりなので今後もいろいろと活動追っていけたらいいなと思います。

 

★bamboo大忘年会の話★

 このイベントが2018年の現場納めでした。

 今年は昼夜両部とも参加したのですが、ずっと楽しくて笑っていたことしか覚えていなくて………断片的なこれやってたなあとかは覚えているのですが、とにかくトークもゲーム対決も皆さん面白くてたくさん笑って笑顔で今年の現場納めが出来ました!

なんていうか、アットホームな雰囲気が強いけど嫌な身内感じゃなくてゆったりと過ごせるようなあったかい雰囲気がbambooのイベントってあるなあと今回改めて思いました。今年楽しかったことや嬉しかったことの話で、自分も参加した現場の話が出てくるとなんだか嬉しくなりました。私も楽しかったし嬉しかったので同じだ〜!っていう。また来年も忘年会はもちろん、ファンツアーだったりいろんなことをこの人たちと過ごしたいなと思えました。

 

 

以上が2018年の現場でした!舞台もイベントもいろんな現場に行けた一年になったんじゃないかなと思っています。

あと、2018年はマリーゴールドに縁があったなあ、なんて思っています。『リメンバー・ミー』や『ミュージカル マリーゴールド』、刀ミュではむっちゃんのイメージカラーがマリーゴールドだったり、あいみょんさんの曲のタイトルもマリーゴールドで、いろんなところでいろんなマリーゴールドに出逢ったなと。

 あと、やっぱり今年は個人的にモヤモヤとこの趣味に関することで悩んだり考えたりすることが多くて、周りの友人たちからも心配されたり嫌なら離れるのも大切だよと諭されたり…。それでもなかなか離れる決心がつかなくて、ズルズル現場行ってはモヤモヤしてしまうを繰り返していましたが、ようやくここ数ヶ月はモヤモヤすることも少なくなり、むしろいろんなことが吹っ切れて自分らしいを見つけられた気がしています。そうしたら友人からも最近は楽しそうだねって言ってもらえたり、自分の感情すぐに出てしまうタイプなので楽しめてるなっていうのちゃんと分かってもらえてなんだか嬉しかったです。

別にエンターテイメントって触れなくても生きていけると思うのですが、私は親の影響もあって物心つく前から舞浜のショーやパレードに触れてきていて、エンターテイメントがある生活が当たり前になっていて、だから今この趣味をしているのも根本的にこういう世界が好きなんだなあ、だから惹かれて好きになったんだなって思っています。普段は見ることのできない、自分は体験することのない世界を見せてくれる舞台が好きで、そんな中出会ってきた役者さんたちを好きになって、その人たちのことをもっと知りたくて他の舞台を見たりイベントに行くようになって、そうしている間にたくさんの年齢も住んでるところも違う共通の趣味が合う人たちと出会い有難いことに仲良くさせていただいて、たくさんの人やものとの出会いで自分自身変わったなと思います。これは良くも悪くもなのですが…でも良かったなと思うことの方が多いので、この趣味を好きでいて良かったなって思います。とくにこの一年間は今までよりもさらに現場を楽しみとして活力にして日常パートを踏ん張ってきたので、一つ一つの現場がすごく楽しめたと思っています。本当に充実しすぎていて怖いくらい今年一年間楽しいことがたくさんありました!来年はどんな年になるのか、どんな人やものと出逢えるのか今からワクワクしています。そして、一年後も充実した一年を過ごせたなと思えるように生きていけたら幸せだなと思っています。

 

 

 

 

かなり長くなってしまいましたが、今回も最後までよんでくださりありがとうございました!

 はてブロやツイッターを通じて、そして現場での素敵な出逢いがたくさんあった一年間でした。本当にこの一年たくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます。

来年も変わらず仲良くしてくださるとものすごく嬉しいので、どうぞよろしくお願いします。

紅白に出陣する刀剣男士たちを待ちながら、のんびり今年最後の一日を過ごそうと思います。

皆さまもゆっくり年末年始過ごして、また推し事楽しんでいきましょうね!

 

 

 

 

それでは!良いお年を!

 

 

 

やまざきさんのお題箱

*1:例えばラブ米のあきたこまちとか…あきたこまち見るたびにプリステを感じてしまう…。

*2:基準がミラクル♡ライトなので、刀ミュのようなカラーバリエーションには設定出来ないのかなと思います。あと個人的にキャラのイメージカラーで男子たちもカラー想像していたので、虎男くん紫じゃなくて赤なのか…と驚いたりしました。